« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

エンゲージリング&名古屋旅日記

今日は、先日名古屋でお渡ししたエンゲージリングをご紹介させていただきます。
長めの日記ですが、ぜひ読んでくださいね。

Junke

【WGK18 ダイヤ&サファイヤ エンゲージリング】

お客様の御要望を聞きながら、僕と二人で打ち合わせを重ねてデザインを決めて作りました。
平内リングの表面の模様に(写真:右)のティアラを描いています。
Junke2 

(中心にダイヤを入れ、脇に幸せの象徴とされる月桂樹をあしらってみました。

※月桂樹・・・
月桂樹(ローリエ)は古くから特にヨーロッパなどで"幸福の象徴"とされ、飾ったり身につけると幸せになると云われてきました。古くから伝わる王室の高価な王冠やティアラにはこの月桂樹を描いたものが数多く残っています。現在では、 スポーツの勝者や優れた芸術家に、栄光と共に月桂樹の冠を授ける風習は残っていますよね。

Junke2_1 また、リングの内側には彼女の誕生月(9月)の誕生石『(ピンク)サファイア』を埋め込みました
ティアラを際立たせるために、リングのベースをツヤ消しにし、ティアラの模様だけを光らせました。


そして、完成したリングをお渡しに、先日の名古屋行って参りました。

お客様はレストランのシェフ兼経営をされてる方で、偶然にも同い年でした。その日も土曜でお仕事をされていましたが、僕が直接渡したいと言ったら、喜んで貴重な休憩時間を割いてくださいました。
結局、話だしたらあっという間に打ち解けて話が盛り上がり、休憩の2時間半くらいずっと僕の相手をしてくれました。リングにも喜んでもらえたし、いろんな話をすることができて、とても楽しかったです同い年なのに物の考え、行動、仕事への姿勢、話が進んでくにつれて感心させられることばかりでした

そんな楽しい時間はあっという間に過ぎ、お客様は夜の営業のため夕方に仕事に戻られました。

僕はその日の夜の夜行バスで帰る予定でしたが、出発は遅い時間でしたので、それまで知人に会ったりして出発の時間を待ちました。

出発の時間が迫ってきて、知人にバスターミナルまで見送ってもらい、無事にバスに 乗ることができました。日帰りでしたがとても充実した一日だったので、バスが走り出すのを待ちながら一日を思い返して窓の外をぼ~っと待っていると・・・・

なんと!目の前には先ほどリングをお渡しした自転車おきゃくさんが!!

瞬間、僕は「???」ですよ!ほとんど声もしないバスの車内で「はぁ!?」と大きな声を出してしまいました!

すぐに窓を開けて「どうしたんですか!?」と聞くと、お客様は手に持ってた袋を僕に差し出し、


「飴細工が失敗しちゃったんだけど・・・たらーっ(汗)

と言いながら手渡したんです。


お客様は忙しい夜の営業の合間をぬって僕のためにおみやげのケーキをお店で作ってくれたんですぴかぴか(新しい)バースデーぴかぴか(新しい)
あまりに突然でしかも嬉しいことに、熱いものが込み上げてきました。

付け加えると、お客様のお店はその日、結婚式の2次会パーティーの団体の予約で忙しかったんです!
さらに、店はバスターミナルとは線路を挟んで正反対の口にあるんです!名古屋駅は大きな駅です。反対口に行くのだって時間がかかります。人ごみもすごいし。そんな状況のなか、自分のために作ってくれたんです!来てくれたんです!!

これほどの感動は、久しく体験してません♪しばらく手元からケーキを離すことができませんでした。
そして、かなりの気持ちの高ぶりでしばらく寝付くことができませんでした泣き顔あせあせ(飛び散る汗)


今回の名古屋での出会いは、言葉では言い表せない、特別ななにかをもらったような気がしてますぴかぴか(新しい)

先日、お客様から無事、リングを彼女に渡すことができたこと、彼女にとても喜んでもらえたことの報告を受けました♪僕にとってもこれ以上ない、最高の報告ですぴかぴか(新しい)指輪ぴかぴか(新しい)

今自分は、またあらたな気持ちで仕事に向かっています指輪自分が感じた感動を、お客さんに与えることが出来るようにぴかぴか(新しい)いや、クサい言葉かもしれないけど、ホントに心底そう思ってます。そしてこれからも持ち続けたい。

長々と綴ってしまいましたが、そんな名古屋の思い出でした♪

お客様の末永い幸せをお祈りしております♪

♪♪ありがとうございました♪♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

5月誕生石~翡翠(ヒスイ)/ジェイド~

5月の誕生石には、エメラルドの他にもうひとつ翡翠(ヒスイ)があります。
今日はそのヒスイのお話です。
Birth05jade


 
【ヒスイ(ジェイド)】
象徴:愛・幸福・幸運
高級宝石の中で唯一和名を持つ『ヒスイ』。
古くから東洋では玉(ぎょく)と呼ばれていました。
ダイヤなど、主要な宝石の多くが強い輝きを放っているのに対し、落ち着きのある深い緑色をしたヒスイは、古来より華美を避け控えめ気質であった日本人など東洋民族の心を深くとらえてきました。
翡翠の名前の由来については、「」=「赤色」、「」=「緑色」を表していて、それがまるで羽が緑でおなかが赤いカワセミのようだったことが由来してるとか。
 
後で述べますが、ヒスイは実はかなりのカラーバリエーションがあります。
 
 
古来より中国ではヒスイは『王の象徴』とされてきました。
『玉座』(=王の座)なんて言葉は正にそれですね!
 

外国名は『ジェイド』といいます。
スペインでは「ジェイドはおなかの病気やお産のお守り」と云われています。
 
 
その昔、スペインがメキシコを侵略、その際、スペイン人が現地のインディアンが腹部の病気の治療法として、ジェイドをおなかに乗せている様子を見ました。
そんなインディアンのおまじないをそのままスペインに持って帰ったと云われています。
 
そしてその石をスペイン語で「ピエドラ・デ・イジャダ(=よこっ腹の石)」と呼び、それが変形して「ジェイド」と呼ばれるようになりました。
 
 
ヒスイの主産地は、ビルマ(ミャンマー)です。
中国翡翠といわれるように中国産と思われがちですが、これは加工・販売などに中国人が関わってきたことで中国産と思われているもので、実際はビルマ産が多いんです。
 
 
日本でも産出されます。
なかでも新潟・糸魚川地域は有数の産地です。
そんな、日本とヒスイにまつわるお話を少々。。。
およそ5000年前、糸魚川で縄文人がヒスイの加工を始めました。
(ヒスイ文化といいます)
 
その後、弥生~古墳時代とヒスイは非常に重宝されましたが、奈良時代以降は全く利用されなくなり、そのうちにだんだんと糸魚川でヒスイが採れるということも忘れられ、日本ではヒスイは産出せず、遺跡から出るヒスイは大陸から持ち込まれたものと昭和のはじめまで考えられていました。
 
そんななか、昭和13(1938)年に糸魚川市小滝に住んでいた人が小滝川でヒスイらしき緑色の石を発見しました。
この石を大学の研究室でビルマ産のヒスイと比較した結果、小滝川で取れた緑色の石はヒスイに非常に似ていました。
その後学者による現地調査の結果、ヒスイであることが科学的に確認されました。
 
 
そうして、また日本で産出されることがわかったのですね~。
 
 
ヒスイ=緑色という感覚がある方も多いかもしれませんが、これは宝石としての価値をもっているのが緑色なだけで、『ひすいの七色』といわれるくらいにかなりの色のバリエーションがあります。
(白・ラベンダー・青・黒・黄・オレンジ・赤 など)
※オレンジと赤は日本では発見されていません。

 

ヒスイ(jadeジェイド)は、大まかに
【硬玉(jadeiteジェイダイト)】
【軟玉(nephriteネフライト)】
の2種に分けることができます。
難しい説明は抜きにして、普通お店で販売されているのは硬玉で、価格的にも硬玉の方が高いです。宝石店ではヒスイといえば普通は硬玉のことをさします。

ヒスイ(ジェイド)は、繊維状の組織になってるためとても丈夫な鉱物で、ジェイドより硬い金属が発見される前は、日常の道具として使われていました。

とある民族には『パウナム』という言葉がありまして、これはヒスイのことを言ったもので意味は“斧の石”です。
この民族がヒスイを斧として使っていた事が分かります。

 

モース硬度も6.5~7なので比較的固い鉱物ですし、熱にも強いほうではあるのですが、内包物や自然のヒビなどが多いため、衝撃には強いとはいえません。

ジュエリーなどに使用してるヒスイには、そんな内包物やヒビを保護するためにコーティングしてる物もありますので、超音波洗浄もできれば避けたほうがよいでしょう。

まあ、でも日常では極端に神経を使うまではなくていいかもしれませんね。

他の石と同じくらいの注意を持っていれば、特に粗雑に扱いさえしなければOKでしょう。

そんな、ヒスイのお話でした。

 

(ヒスイ&ダイヤブローチ)

05_2


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

その他の誕生石を見る

 

ジュエリームナカタホームページを見る

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えて、むーさん!Q&A 9~マリッジリング(結婚指輪)編~

これまた、かなりの頻度で聞かれる質問です。

 
エンゲージリングとマリッジリングって、同じものでいいんですか?それとも別物ですか?


>>>
では、お答えしましょう♪
男性が結婚を決意し、プロポーズの言葉と共に渡すのがエンゲージリング(婚約指輪)です。
そして、結婚が決まって二人でずっとつけるマリッジリングを探すわけですね。

なので一般的にはエンゲージとマリッジは別物、と考えてよいでしょう。
ただ、女性によって考え方が違うのも事実です。

例えば、エンゲージリングは他には変えられない、特別なリングと考える女性も多いでしょう。その場合、エンゲージは高級なダイヤや素材を使用し、特別な時しか身につけない、文字通り『特別なリング』となるのです。この場合デザイン的には、ちょっと着けて邪魔になってしまうくらいに目立つデザインでも構わないと思います。

他には、エンゲージは特別だけど、でもせっかくだから普段から身につけたいわ。と思われる方もいます。そういった方の場合、ひとつはエンゲージとマリッジを重ね着け出来るようデザインします。そうすれば、普段から両方をつけることができます。デザインは普段から着けることも考え、あまり邪魔にならないデザインが好ましいでしょう。


もうひとつの考え方としては、エンゲージを作らず、その代わりにマリッジに費用を費やす、という考え方もありますね。 つまり、エンゲージリングは無しで、マリッジリングにダイヤを多く入れるとか、ダイヤの変わりに高価なピンクダイヤをいれるとか、これは一例ですがこんな感じでゴージャスなマリッジリングにするのもよいでしょう♪


前にも書きましたが、最後はお二人の気持ち次第です。どんな形で二人のメモリアルリングを作り上げるか、それぞれの形があってよいと思います♪

結婚指輪って、二人同じデザインじゃなきゃいけないの??

>>>
いえいえ、そんなことはありませんよ。
全く違うデザインで、というのはちょっとどうかとは思いますが、だって、結婚する二人が同じ好みとは限らないじゃないですか。むしろ、ちがう好みやセンスを持ってるほうが多いんじゃないですか?

ですので、リングも全く同じデザインにこだわる必要はないと思います。
つまり、同じモチーフを使いつつ、微妙にそれぞれのこだわりを入れれば良いわけです。

Brog 
写真のマリッジはその一例です。
よく見ると、デザインが微妙にちがうので見てみて下さい。
一生つけるリングなんだから、自分のセンスをいっぱい詰めましょう♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋へ行ってきます。

明日(19日)、お客様に品物をお渡しに名古屋へ行ってきます。

なので、明日は一日むーさんは作りはお休みです。

数年前に乗って以来、はまり気味な高速バスで行ってきます。高速道路を走ることが小さい頃から大好きで、親によく高速道路を走ってもらったものです♪

大好きな高速走行もそうですが、何より値段が安い!東京~名古屋で片道平均¥3,000~4,000ですよ!夜行バスならもっと安い!!

明日の朝東京発に乗って昼過ぎに名古屋着。お客様とお会いして、夜発の夜行バスでのんびり帰ってきます。

高速バスの安さ・便利さ、とても助かります。しかし、自分が下請けという立場での仕事もしてるのでついつい考えてしまうこと、それは運転手さんのことです。

僕たちお客は安い値段に手放しで喜び、大いに活用し、とても満足しています。しかし、バスの運行会社はきっと別の旅行会社から仕事を委託されて運行しているのだと思うんです。運転手さんは下請け会社の従業員。

とすると、この破格の安さはきっと現場で実際に働いて(運転して)いる方の給料にそのまま反映されているのではないでしょうか?

下請けには仕事を断り辛い現状があります。断れば仕事はもうその後来ない、来ないと困るから依頼主の言い値で受けざるを得ない。その結果、法外な値段での仕事になってしまう。結果、減った利益は末端の従業員の給料に響いてしまう。。。

給料少ないから身体に無理して働く。疲労が蓄積される。そして、身体を壊す。。。

こんなケース、きっと稀なことではないと確信しています。

どんな仕事でも、身体と心に多少でもゆとりがなければ良い仕事はできないのです。

話がへんな方向へいってしまいましたが、明日も運転手さんに感謝しながら行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

教えて、むーさん!Q&A 8~エンゲージリング(婚約指輪)編~

今日は、よくいただく質問を回答と共に皆さんにご紹介します。

今回はエンゲージリング(婚約指輪)に関するお問い合わせです。

1、婚約指輪(エンゲージリング)って、自分が渡して相手からももらうんですか?

>>>
いいえ。基本的には男性が女性にプロポーズと同時に渡す指輪で、二人で交換する必要はありません。指輪交換は結婚指輪(マリッジリング)で行います。
しかし、決まりごとなわけではないしあくまで一般論のお話ですので、女性から何かしらのお返しをもらうこともあるみたいですよ。エンゲージは男性からの気持ちを形にしたものですので、もらう女性側からしたら、返事の意味も兼ねてなにかお返ししよう、と思う人がいるのかもしれませんね。
婚約も結婚も、二人のものですので二人が満足できる形であることが一番ですね!

2、婚約指輪って、やっぱりサプライズで渡すべきなんでしょうか??

>>>
これは、男性の考え方次第なのではないでしょうか。もちろん、突然サプライズで渡して彼女を喜ばせよう♪と考えるのも良いですし、また、先にプロポーズをしてから彼女も一緒に婚約指輪を作っても全然OKだと思いますよ。
彼女の好みやセンスが分からないとか、難しいとか、あとはリングのサイズが分からないとか、また自分のセンスに自身が無い方とか、そんな方には後者がお薦めです。
サプライズの場合、かなりの確率でサイズが合わないことが多いです。
僕が今まで作ったエンゲージの場合、大体がサプライズでしたが、ほぼ100%サイズ直ししてます(笑)

サプライズはもらった瞬間の喜びはものすごいですし、彼女が自分で選んだ場合は自分の満足するリングであること間違い無しですし、


・・・悩むとこですね。^ ^

3、・婚約指輪は頼んだらどのくらいの期間で作ってもらえるのでしょうか?

>>>
これは、一概に期日を申し上げることは難しいですね。。。
デザインなど、いろいろな理由で変わってくるかと思います。
基本的にはもちろん、お客様の御都合に合わせるよう頑張りますが・・・

お店などによっても違ってくるでしょうが、それではお客様も困ってしまいますよね。

なので大体の製作期間として3週間~4週間をみていただくのがよいかと思います。
これは、あくまで製作の期間であって、デザインを考える時間は別です。デザインが決まってから完成までの時間です。

ご自分が欲しい期日までに間違いなく完成させたいのであれば、最低でも2ヶ月前には相談し始めるのがよいでしょう。


その数ヶ月の間に、御自分でもプロポーズの準備をしておきましょう♪♪

今回は以上です。

今後も、皆さんからの御質問、お待ちしてまーす♪o(^-^)o

~~~ ~お客様の思いを形に・・・ ~~~~

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ジュエリー ムナカタぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
http://park22.wakwak.com/~j-munakata/

婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング)・ペアリングベビーリング・その他

ブライダルリングからファッションアクセサリーまでなんでもオーダーメイド

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪♪気まぐれむーさん通信 vol.2くらい♪♪

さて、今日はどんなお話かといいますと、今自分の中でいろいろやってみたいことがあるという話しは先日ちょこっとさせていただきました。

その中のひとつ、アレルギーに対応したアクセを作りたいということでいよいよ第一段階を始動させていただきました。

先ずは身近な方々で力になってくれる方の御協力をいただき、データをまとめていきたいと考えております。

今はまだ全てが未知数で、今後様々な障害・壁が出てくるかとは思いますが、がんばって乗り越えていきたいと思ってます。

皆さんの御協力、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ここだけの話ですが、実はもうひとつ水面下で徐々に進行中の企画もあります。アレルギーとは関係ないですからね。全く別物です。^ ^

こちらは、当店で製作・購入してくださった、または今後してくださる方への感謝の思いを形で表したいという思いから考えつきました♪

これ以上話すと、思わずポロっと言ってしまいそうなのでこれくらいにしとこっと♪^ ^

ではでは、今後の活動報告に乞うご期待!!

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月誕生石~エメラルド~

5月生まれの皆さんおめでとうございます。
自分も5月生まれです。おめでとうございます!

5月には2つの誕生石があります。
今日はまずエメラルドをご紹介します。

 

Birth05emerald

エメラルド

象徴: 愛・幸福・幸運



「エメラルドと人間に、傷のないものはない」

と昔から言われるほど、エメラルドに内包物が無いものはほとんどありません。
結晶となる時にクロムなどが入り込み、自然と内包物やヒビができてしまうのです。
逆に言えばこれは天然石であることの証明とも言えますね。
そしてこのクロムがエメラルドの神秘的なグリーンを作りだします。

エメラルドの選び方は、内包物や傷が少ないにこしたことはないのですが、それよりも色と照り(輝き)の鮮やかさで選んだほうがよいでしょう。

 

エメラルドは鉱物学的に見るとベリルの一種になります。
ベリルにごく僅かな酸化クロムが含まれると緑色となり、その中でも美しい色をしたもののみをエメラルドと呼びます。ベリルでも青色ならアクアマリン、ピンクならモルガナイト等、色によってその名が変わります。


その昔、古代ローマ人はエメラルドを神の石と讃え、偶像などの目に用いました。

またて人々は目が疲れるとエメラルドをじっと見つめて、その疲れを癒したと言われています。エメラルドは目に癒しを、そして心にやすらぎを与えてくれる石なのです。



新緑のような特有の緑色はエメラルド・グリーンとも呼ばれ、不滅・不老の力があるとされていました。

 

そんなエメラルドを歴史上最も愛でたのは、エジプトの女王クレオパトラでしょう。
自分だけのエメラルド鉱山に自分の名前をつけたという話が有名です(クレオパトラ鉱山)。
古代の宝飾品につかわれたエメラルドの大部分がここから採られたものであると言われています。
また、クレオパトラは若返りの秘薬として崇めていたとも言われています。

 

古代エジプトでは死や病から身を守るお守りとして王や王妃が身につけ、 またギリシヤ神話では愛の証として女神ヴィーナスに捧げられたといわれるエメラルド。身につけると愛する人と結ばれるといわれています。

以来古代から16世紀くらいまで、エメラルドはダイヤモンドより貴重なものとされていたそうです。
そして今なお、東西洋問わず人気の高い石で特にヨーロッパではダイヤモンドに匹敵する価値があり、尊重されています。それ故・・・高いんです。。。(汗)



エメラルドは『善良な心の象徴』とされ恋人や妻に贈ると、愛情が深まり幸せになると伝えられています。
結婚55週年の記念ジュエリーでもあります。

結婚55周年・・・気が遠くなる(*_*)

 

ところで、皆さん『エメラルドカット』って聞いたことありますか?
四隅の角を面取りしたカットです。

 

0105


 

考えてみたら固有の石の名前が使われているのって、エメラルドだけですね!

 

エメラルドの硬度は7.5~8。
この数字だけ見ると硬そうでが、エメラルドは内包物やヒビが多いため衝撃には非常に弱いです。簡単に欠けます!

あと、エメラルドは天然もので鮮やかな色をしたものは非常に稀少で、多くのものは何かしらの人工処理をして緑を鮮やかにしています。
そのため、超音波洗浄や洗剤は絶対使用せず、洗濯や炊事をするときも指輪を外したほうがよいでしょう。
急激な温度変化が起こるような場所に置いておくのもNGです。

エメラルドは本当にデリケートなため、どうしても汚れが気になる場合は市販されているクリーナーなどで磨きましょう。


こんな石ですから、加工時もエメラルドの扱いはホントに気を遣います。。。

エメラルドをお持ち&購入をお考えの皆さん、あなたの大事な人の次くらいの気遣いをしてあげましょう。

逆に、大事な人が5月生まれだというそこのあなた!エメラルドと同じように大切にしてあげてくださいね。


5月誕生石のもうひとつは『ヒスイ』になります。また別でご紹介しましょう。

 

ではpaper

 

(エメラルドカット・エメラルドリング)

05



 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

その他の誕生石を見る

 

ジュエリームナカタホームページを見る

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイトル 『炎』

Dscf1058 いいえ。
T○Mのネタではありません。

「1!2!3!ファイヤー!」
いいえ。大○田議員の掛け声でもありません。


これは、お客様からの注文でつくったシルバーリングです。(メンズ)

お客様からの御要望は「炎がすきなので炎をイメージしたリングを」との一点のみでした。

なのでそこから僕がデザインを起こして製作しました。


真ん中の石はガーネット。炎に因んで赤系の石を選び、形もペアシェイプカット(しずく型)を使用しました。ホントは、ファイヤーオパールを使用したかったのですが、適当な物が見つからず。。。探した中で一番目を惹いたこの石に決めました!

正面からの写真をよ~~~~く見てもらうと・・・

いえ、よ~く見なくても普通にみていただければわかるのですが(笑)、中央の炎の両サイドに、お客様のイニシャルであるKとSを炎のイメージで描いてます。イニシャルを入れること、お客様も前向きでいらしたので、ぜひ使用しよう!と思いました。

Dscf1056 Dscf1057

炎の周りが白くなってるのが分かるでしょうか?
シルバーは、熱を加えると表面が白くなるのです。このリングはその状態をそのまま利用し、模様を際立たせるようにしました。ツヤ消しとはまた違った雰囲気になります。


お客様に無事お渡しでき、よかったです。^ ^


P.S.先日のアレルギーに関すること、皆さんたくさんの情報、ありがとうございました。
引き続き受け付けておりますのでどうぞお便りお寄せ下さい。


では、次回作をお楽しみに~♪


・・・げっ!
明日でむーさん、28歳だ!(*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »