« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

お詫びとお詫びとお詫び

お久しぶりです。 埼玉県さいたま市(大宮・川越)のジュエリームナカタです。
  


ここのところあまりの忙しさにてんてこ舞いでした。

ブログずっとサボったままですいません。
とりあえず、9月いっぱいまでこんな感じになりそうです。

ごめんなさい。 どうぞお許しを・・・
 

お詫びといえば先日、知人からひとつご指摘をいただきました。
『6月の誕生石に(アレキサンドライト)はないのですか?』
調べた結果、・・・・ありました。
勉強不足で申し訳ないです。

またまたごめんなさい。m(_ _)m
これは先にやっておかないと!と思いつつ今になってしまいました。

またまたまたごめんなさい。m(_ _)m

 
 
なので、久しぶりの更新はこのままアレキサンドライトの豆知識、いっちゃいましょう!!

    
~アレキサンドライト~
Birth06alexandrite


 
アレキサンドライトは、神秘的な逸話からその歴史が始まりました。

1830年、ロシア帝国ウラル山脈のエメラルド鉱山で作業していた鉱夫達が、エメラルドとは異なる緑に輝く石を見つけました。
そして、その日の夜、作業を終えた彼らは見つけた石をあらためて見てみようとテントの中でランプに照らしてみました。すると・・・

その石は鮮やかな赤色に変わっているではありませんか!!
 
不思議に思った鉱夫たち。
翌朝、今度は再び太陽光のもとで見てみると・・また緑色に戻っていました。

「こっこれは、もしや神の祟り(『神のいたずら』とも云われてます)なのではないか!?」

と思った鉱夫達。
 
さあ、大変!
 
あっという間に大騒ぎになりました。

そして、これは大変な石だという事で、 当時のロシア帝国皇帝ニコライ1世に報告、献上されました。
発見された日(4月29日)が皇太子アレキサンドル2世の12歳の誕生日だったため、皇帝は この非常に珍しい宝石にアレキサンドライトという名前をつけました。
ロシア国の軍服の色が赤と緑を基調としていたこともあって、この石はロシア人にお守りとして特別な価値のある石となりました。

そんな逸話から始まったアレキサンドライト。
現実的なお話をしますとアレキサンドライトはろうそくの火や電球の光をあてると紫がかった濃い赤色に、また日光や蛍光灯では緑色にと、見える色が変化します。
 
これは、石の吸収スペクトルに関係があり、日光では短い波長が強く、ろうそくの火は長い波長が強い為に、石の色に、はっきりとした差が出ます。
(写真では分かりませんね。ごめんなさい)

スペクトル・・・?なんだろ?
よくわまりませんっ(笑)まあ、いっか!

誰か、知ってる方教えてください。
他にもルビーやエメラルドの発色の原因でもある『クロム』の微妙な働きとも考えられています。
 
【アレキサンドライトの色変化】
06_3
 
 
19世紀になって発見された歴史の浅い宝石ではありますが、当てる光によって色が鮮やかに変化することから、稀少な高級品として現在も絶大な人気を得ています。
 
これまでも何度となくアレキサンドライトをご注文をいただき、仕入れてきましてその都度価格に驚いてきました。
他の石と比べようのない金額!
質によってはルビーより、サファイアより、エメラルドより、そしてダイヤモンドよりも圧倒的に高価でしたっ!

あらためて、アレキサンドライトの希少価値と高級さを実感するのでした。


アレキサンドライトの良いものの見分け方のひとつは出来るだけ不純物の少ないものを選ぶことが大事です。
 
とはいえ不純物が入りやすい石なので、不純物の無いものを探すよりは変色性の具合を見るほうがいいでしょう。つまり緑と赤の変色の度合いを見るのです。
選ぶ際の重要なポイント(勝手に)ランキング

1:色の変わり具合(変色性のバランスも含めて)
2:赤と緑のそれぞれの色合い
3:照り(輝き)
4:インクルージョン(不純物)



アレキサンドライトは、持つ人の2つの才能を同時に開花させ、それぞれを成功に導くとされています。

悩みや夢がひとつにしぼれないあなたっ!
ぜひ今後のご自分の運気向上・悲願成就にアレキサンドライトをおひとつ。

また、現在お持ちの方はどうぞこれからも大事にしてくださいね。
 

(アレキサンド入り・オーダーメイドマリッジリング)

06_4


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

その他の誕生石を見る

 

ジュエリームナカタホームページを見る

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えて、むーさん!Q&A12~チタンポストとプラチナコーティングについて~

最近頂いた御質問を回答と共にご紹介いたします。本日の質問は『チタンポストとは?』『プラチナコーティングとは?』です。

    

・チタンってアレルギー反応出にくいといいますが純チタンとチタンポストって何が違うんですか…?

>>>

チタンポストについて、
ピアスには耳に挿し入れる芯が立ってますよね?
あれをポストというんです。

つまり、チタンポストとは、『チタン製の芯』です冷や汗
なので素材の違いではありません。


確かに、チタンは貴金属の中でも最もアレルギーが出にくいのは間違いないのですが、100%出ないのではなくてあくまで出にくいということです。

なので、チタンポストのピアスをしていても、アレルギー反応がでる可能性は0%ではないことは頭に入れといたほうが良いかと思います。

   

   

・品物にプラチナコーティングした場合、料金はどれくらいプラスされますか?
実は若干のアレルギーがあり、体調が悪いときだけ、シルバーにかぶれる傾向にありまして…。
結婚指輪はプラチナなんで、ずっとつけたままで大丈夫なんで、希望はプラチナコーティングしたいんですが、料金が高くなるなら今回は見送ろと思ってます。参考までに教えてください。

>>>

むむむ・・・
アレルギーですか~たらーっ(汗)

悩んでる方、多いですよね涙


で、御質問のプラチナコーティングに関してですが、ちょっと専門的なお話になってしまうかもしれませんが御了承下さい。

俗に言う『プラチナコーティング(若しくはプラチナメッキ)とは実はプラチナを施したものではないんです。普通にプラチナ製品やホワイトゴールド製品に掛ける『ロジウムメッキ』であることが多いのです。
ロジウムはプラチナやホワイトの色を鮮やかな白色にするために施すのですが、その綺麗な白い輝きを(プラチナコーティング)と例えてるんです。
よほど探せばプラチナでメッキをしてくれる所ももしかしたらあるかもしれません。が、僕の知ってる限りでは申し訳ないのですが心当たりはありません涙

数量がまとまらないとメッキ屋さんも作業ができないので、品物1点だけ持ち込んでメッキ掛けてくれというのはなかなか難しいですね。。。

結論を申しますと、『プラチナコーティングはプラチナではなくてロジウムメッキである可能性が高い』といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュエリー&ブライダルリング豆知識~

ここでは、これまでご紹介してきましたジュエリーやブライダルリング関係の豆知識を一覧にしてご紹介します。
また、お客様から頂いた疑問・質問にもお答えしてます。
なるべく難しいことは抜きにして分かりやすく書いてますのでぜひ御活用ください。

1:ダイヤのグレード(4C)について

2:ダイヤの『Fluorescence(フローレッセンス)=蛍光性』

3:手作りリングが出来るまでvol.1

4:手作りリングができるまでvol.2

5:金属アレルギーについて

6:プラチナ&金について

7:気に入ったリングが激安で心配なんですけど・・・

8:エンゲージリング(婚約指輪)編

9:マリッジリング(結婚指輪)編

10:『ジューンブライド』

11:なんで婚約指輪と結婚指輪、2ついるの?

12:チタンポストとプラチナコーティングについて

13:リングサイズ早見表

14:リング表面の形状について

15リング内側の形状について

16:『裏抜き』について

17:ホワイトゴールドの定義 

18:“カラット”という単位について

19婚約指輪を着ける期間はいつ?

20:刻印の見方について【金属素材編】

21:刻印の見方について【金属素材のおまけ】

22:刻印の見方について【キャラ目編】

23:『エンハンスメント』について

24:ネット商品(ジュエリー)。記載にご注意!

他に聞きたいことなどあったらどんどん質問してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えて、むーさん!Q&A 11~婚約指輪と結婚指輪の違い~

今日は先日、

「何で婚約指輪をもらうの?結婚指輪ひとつでいいのでは?」

という質問をいただいたので、これについてお話しまーす。


>>>
では、質問にお答えさせていただきます。


まず、定義として
婚約(こんやく)とは、男女が結婚の約束をすること
とあります。
一般に、この婚約時に“お互いの気持ちの証し”として男性から女性にプロポーズの言葉と共に指輪を贈るのです。

この風習は古代ローマ時代、婚約した二人の間で指輪を贈る習慣があり、それが今の形になって普及したと言われています。

ちょっと重いお話になりますが、以上のように婚約は『約束ごと』になるので婚約が成立したら二人はお互いにその約束を守る努力をしなければなりません!
例えば正当な理由なく婚約を破棄した場合、不法行為とみなされ、損害賠償などの対象になることもあります!!
まあ、あまりおも~いお話にはしたくないので、もっと詳しくこの話について聞きたい方は某局の(行列の出来る法律相談所)にでも相談してみて下さい。(笑)


話は戻りまして、昨今ではリングに固執しないケースも増えてきました。
リングにこだわらず、ネックレス・ペンダント・ピアスなど、相手の女性の好みで選ぶことも増えてきました。
女性によっては、指輪があまり好きではないとか、仕事の関係上指輪をはめられない方などもいらっしゃいますし。

また、最近特に多くなってきてるのが、エンゲージリングを無しにして、その分マリッジリングにお金をかけるケースです。
例えば、マリッジに高価なピンクダイヤをあしらうとか、ダイヤの数を増やすとか。
まあ、結局お金を掛けるのは女性のリングが大半ですが(笑)


んで、結婚指輪についてですが
結婚指輪(マリッジリング)は結婚をした夫婦が “二人が一つになる証し” としてではお互いの左手の薬指に付けるリングです。
この左手薬指につけるルーツも古代ローマ時代にあるそうですよ。
左手の薬指に着けるのは必ずしも万国共通ではありません。国や宗教によって異なります。例えば、右手の薬指にはめるケースもあるみたいですよ。


簡単ではありますが、つまり

『婚約指輪は結婚の約束の証し
『結婚指輪は二人が結婚した証し

となりますかね。


以上
むーさんのちょっとええ話でした。

エンゲージリングのご相談はこちら
マリッジリングのご相談はこちら

~こだわりを詰めたい方お気軽にご相談下さい~

 

~~~~~お気軽にご相談下さいshineringジュエリームナカタringshine~~~~~

婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)ペアリング

ベビーリングファミリーリングスイート10リフォーム・その他ジュエリー

◆職人と直接打ち合わせ⇒だから安心価格と納得品質
◆シンプルデザインからオリジナルデザインまで何でもお任せ
◆ブライダルリングからファッションアクセサリーまでなんでも真心オーダーメイド
クレジットカード払いOK!
ツインダイヤモンド取り扱い店

(ホームページ)
http://park22.wakwak.com/~j-munakata/

~~~~~~~~~特別なジュエリーはオーダーメイドで~~~~~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月誕生石~ルビー~

こんにちは。埼玉県さいたま市(大宮・川越)のジュエリームナカタです。

今年もあっという間に半分終わっちゃいました。
ほんと、時の流れは速いですね。

早速ですが7月の誕生石【ルビー】をご紹介しましょう。

 

Birth07ruby


 

~ルビー~

【象徴】:情熱・威厳・仁愛



ルビー(RUBY)の語源はラテン語で「赤」を意味する『ルビウス(RYBEUS)』からきています。
その独特の深い赤色は、女性らしい情や魅力を最大限引き出してくれる宝石として古来より親しまれてきました。
また、魔除け・永遠不滅の象徴として、戦いに赴く戦士や出産のお守りとして大事にされてきました。

 

また、ルビーは結婚40周年を祝う宝石です。

ルビーの中で最高級品とされているのが“ピジョン・ブラッド(鳩の血)”と呼ばれる色で、その鮮やかな深い赤色がまるで鳩の血の色とそっくりであることからその名がつきました。

 

ルビーの中にはカボッション(ドーム型)カットした時に見られる、4条または6条の星状の光の効果(スター効果)を放つものがあり、これを『スタールビー』と呼びます。

スタールビーはとても稀少価値のある宝石で、結晶中に酸化チタンのシルク(絹糸のように細かい針)状の不純物が、平行に整列、そして120度の角度で交わっている場合にのみ起こります。まさに奇跡の石!

そんな、奇跡の石『スタールビー』の放つ3本の光線は、それぞれ希望・信頼・運命を表すと云われ、古来より魔よけと招福のお守りとされてきました。

 

そんなルビーにまつわるお話をひとつ。

昔、当時のイギリスの国王「ヘンリー8世」にはキャサリンというお妃がいました。
ある日、キャサリン妃は自分の持っていたルビーが色褪せていくのに気づいたんです。
それを見てキャサリン妃は何か嫌な予感を感じました。

その後、嫌な予感は的中してしまいます。
しばらくして国王は侍女を妻に迎え、キャサリンは離婚を余儀なくされてしまうのです。

のちに国王は王位を剥奪され、これをきっかけに宗教革命が起こりました。

たった一つのルビーから、国を巻き込んでの大革命が・・・と言ったら大げさすぎるかもしれませんが、このようにルビーには持ち主に色の変化で危険や災難を知らせるという言い伝えがあります。

 

ルビーは、コランダムと呼ばれる鉱物の一種でサファイヤ(9月誕生石)と同じ仲間です。
なので、主な成分は一緒です。
コランダムの中で赤い色を「ルビー」、それ以外の色を「サファイヤ」といいます。

主成分のなかに1~2%の酸化クロムが含まれてると赤みが出ます。
ルビーには他に酸化鉄や酸化チタンが含まれていて、鉄が多いと黒みが増し、チタンが増えるほど紫や青が強くなります。

ルビー(&サファイア)は、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つ宝石で、衝撃に対する抵抗力、靱性(じんせい)はむしろダイヤモンドよりも優れています。
薬品や熱にも比較的強く、退色性もないので他の石と比べても比較的扱い易い宝石といえます。

なので取り扱い・保存に関しては、他の石と同じように大事にしていれば間違いないでしょう。

・水仕事やお化粧時には着けない。
・家事をする時や温泉にはいる時などは外す。
・保管は、他の宝石とぶつからないようにする。

といったことを心がけておけばOK!
毎回、石ごとに取り扱いについてそれぞれ言ってますが、結局どの石も同じように注意をしてあげれば、よほどのことがない限り割れたり壊れることは無いでしょう。



ルビーは、身に着けると、魅力的に輝き、目標に向かって行動する勇気が生まれるといわれています。

自分に自身をつけたい人、何かを始める際に揺るぎない信念を持ちたい人、
この情熱的な赤を手元に持って、その思いを成就させて下さい。

 

 

(カボッションカット・ルビーリング)

07

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

その他の誕生石を見る

 

ジュエリームナカタホームページを見る

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »