« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

【1118】リフォームジュエリー~1つのリングからセットジュエリー~

ここんところ涼しくて非常に助かります。

仕事してると動くの、火や灯りをガンガン使うので工房内はめっちゃ暑くなりますupsweat01
扇風機やエアコンは、風がふくと削った貴金属粉が舞ってしまうのであまり強く出来ないのです!。(≧д≦)sweat01

タオルを頭に巻いて頑張ってます。(・∀・)v

熱中症にはホント気をつけなきゃと思いますね。

 

さて、本日ご紹介するのはリフォームです。

18_4

こちらのリングをお預かりしてリフォーム致しました。
ダイヤが贅沢にちりばめられたゴージャスなリングですね!ringshine
こちらのリングをリフォームし、リングとペンダントのセットジュエリーに仕立てました。

 

18

18_1

18_2

ダイヤは全てお預かりのルースを使用し、ご家族の誕生石(アメジスト&ルビー)でアクセントを加えました。
雫型のダイヤを2つ並べてハートのように見えるのも可愛いですね!

 

18_3    
リングで使用しなかったメレダイヤを用いてネックレスも作りました。
バチカン(=チェーンを通すパーツ)にも雫型のダイヤが入ってます。

カジュアルからフォーマルまで幅広くご愛用いただけそうです。(≧m≦)

 

お客様のご要望を取り入れて素敵なセットジュエリーが出来上がりましたshine

デザインを変えていつまでも愛でることができるのはジュエリーの大きな魅力の1つです。
眠ったままのジュエリー、もう一度思い入れのあるジュエリーに蘇らせて下さい。

 

| | コメント (0)

【1117】K18マリッジ~世界に一組のダイヤを入れて~

先日、久しぶりにプロ野球観戦してきましたbaseball

いや~やっぱ生で見ると興奮しますね。
o(*^▽^*)o

もともと野球好きですから、見てたら野球がしたくなりました。

そういえば、今月は所属ソフトボールチームの大会だった!
・・・練習全く行けてないしっdash

 

とりあえず参加予定(*^ー゚)b
怪我しないように頑張ります!
ヾ(;□;)эsweat01

 

さて、まただいぶ更新が空いてしまいましてごめんなさい。
今新しいことを始めるのでその準備やら製作やらでてんてこまいの状態です。
ですのでしばらく更新頻度が落ちることお許しをm(_ _)msweat01

そんで新しいことも準備が出来次第ご案内させていただきます。

 

で、久しぶりにご紹介する本日の作品はこちら。

17

18金製のマリッジリングです。

●メンズ(写真上)=グレーゴールド
●レディース(写真下)=シャンパンゴールド

でお作り致しました。

17_1

こちら鍛造での製作です。
ほのかなS字フォルムは、2本がしっかり重なるように造形しました。

 

また、こちらのマリッジではお2人のご希望で【ツインダイヤモンド】をお入れ致しました。

 

~~~ツインダイヤモンド~~~

通常原石を2つにカットすると別々に流通していくダイヤモンドを、カット後も対のまま長い道のりを経て一組(ペア)のダイヤモンドとして特別なお2人の絆としてご提供しているダイヤモンドです。

・結婚指輪
・ペアリング
・母子ジュエリー
・親友ペアジュエリー

など
特別な人との絆の証としてご自由にご使用いただけます。

詳細・お問い合わせはこちらからどうぞ↓
http://park22.wakwak.com/~j-munakata/twindiamond.html

 

17_2_2
女性は表のメイン(真ん中)に、

17_3_2
男性は内側にお2人の誕生石で挟んでお入れ致しました。

入れる場所もデザインもお思いのままにお入れいたします。
(*^ー゚)b

 

そんな、世界に一組のカップルに相応しいリングとダイヤモンドのお話でした。

 

どうぞ末永くお幸せにbell

ご注文ありがとうございました。

  

| | コメント (0)

スカルちゃんの今

6wax

先日造形したスカルちゃん(←自分で作るとこの不気味なモチーフも可愛く見えるのねww)

先日造形から上がってきまして・・・

7

今こんな感じです。↑シルバーは鋳造(キャスト)すると白い状態で吹き上がります。

んん~~なんかこのほうがリアル感がありますね。。。ww
白いのは表面だけなので、磨くと銀色になるのですがね。

71

目に石を入れるつもりですが、それは既にありきたりなのでダイヤを歯で噛ませることも検討中です。(v^ー゜)

さて、いつまでも白いままにしておかず、そろそろ磨きに掛かりますかね。

次はピカピカスカルちゃんをご覧いただきましょう。shine(≧m≦)

 

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »