« 【1231】Svペアリング~インサイドロゴ~ | トップページ | 【1232】スウィート10ペアリング~こだわりいっぱいに~ »

感嘆、感激・・・そして感謝

先日、ずっと念願だった場所に家族皆でようやく行ってくることができました。

岩手県大槌町。

震災で亡くなられた知人のお墓参りへ行ってきました。

 

予めお詫びしておきます。
写真は撮りませんでした。撮る気にもなれませんでした。
どうぞお許し下さい。

 

道中、震災の爪痕がまだ感じられないような場所で先ず仮設住宅群を発見。
震災をリアルに感じられる風景・・・大槌に到着する前でしたが緊張が走りました。

 

そのまま進むと、土台だけ残した家や建物の跡があちらこちらに。
カーナビではまだ海も出てきてない場所なのに・・・
TVでは何度も見たことのある風景ですが、実際にみるとやはりその圧倒的な傷跡の存在感に心が痛みます。

大槌町の中心に着くとそこはもう土台だけの土地と1~3階部分が無残な姿の建物ばかり。
カーナビに記されたJR大槌駅は、その場所へ行っても一切の面影も見当も見当たりませんでした。

 

大槌中心地を後に、知人のお墓のあるお寺を目指しました。

 

ところが、カーナビやインターネット地図で示された場所へ行けども行けども目的のお寺に着くことができず。

困りながら車で彷徨っているとある仮設団地へ入ってしまいました。

お寺の場所が全く見当つかなかったので、その仮設団地で出くわしたご夫婦に場所を尋ねてみたのですが、お寺って、正式名称と地元の方々の愛称と異なることがあるようで・・・
ご夫婦も聞いたことがなく分からないとのことでした。

 

本来なら『分からない、ごめんなさい。』で終わるであろうこのお話。
ご夫婦は遙々大宮から来てくれてありがとう、と仮設住宅を方々聞いて回ってくれまして。

ご近所さんに聞きまわってくださった奥様。
汗びっしょりで動き回ってくれたご主人。
『遠いところをありがとう』と声を掛けて頭を下げてくださったおばあさん。

最終的に仮設住宅の多くの方々にお手数とご尽力いただきました。

どこの誰かも分からない自分達のために・・・
ありがとうを言いたいのはこちらなのに・・・

 

最後は、場所を知ってるおじいさんをご紹介いただき、そのおじいさんは分かりにくい立地のお寺だから気をつけて・・・と何度も行き方と目印を教えてくれました。

言われた通りに車を進めると、おじいさんの目印のおかげですんなり到着。
確かに、仮設の皆さんに聞けてなければ到着するのは難しかった場所でした。

無事知人のお墓参りを済ませホッと一息つけた時、仮設住宅方々の温かい気持ちをじっくりかみ締めるゆとりが生まれました。

 

未曾有の大震災に遭遇しながら、それでも負けまいとみんなで力を合わせて前を向いてらっしゃる大槌の方々の、強さと優しさと絆を感じさせていただきました。
 

大槌の皆さん、本当に本当にありがとうございました。
また、絶対大槌へ行きます。

 

感謝の気持ちを残しておきたかったので、ブログで綴りました。 

 

|

« 【1231】Svペアリング~インサイドロゴ~ | トップページ | 【1232】スウィート10ペアリング~こだわりいっぱいに~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1231】Svペアリング~インサイドロゴ~ | トップページ | 【1232】スウィート10ペアリング~こだわりいっぱいに~ »