« 【1722】婚約指輪をペンダントにリフォーム | トップページ | リング・クリーニング »

【1723】鍛造(たんぞう)で手作り結婚指輪

こんにちは。埼玉県さいたま市(大宮・川越)のジュエリームナカタです。

今日は手作りコースのうち、地金を加工する『鍛造(たんぞう)』コースでの結婚指輪をご紹介します。

 

鍛造コースは地金を叩く・曲げる・削る・熱する、など本格的に指輪作りを体験していただきます。

WAX加工より格段にハイレベルですが、その分出来上がった時の感動はひとしおです。

今回はどんな出来栄えになったでしょう。

 

1703_1

デザインは金づち(トンカチ)で叩いた面をそのまま活かした槌目(つちめ)デザインで。
アクセントに入れたダイヤが効いてますね。

ダイヤはお好みで奥さま=ホワイトダイヤモンド、ご主人=レッドダイヤモンドをお入れしました。

レッドダイヤモンド・・・サッカーがお好きなイメージですね!soccer

 

では早速製作に入りましょう。

 

1703_3
リング状に形を整えつつ、槌目模様を付けているところです。
こちらは奥さまが作業中です。

きれいな槌目を付けるには場面の小さいトンカチで叩くのでピンポイントでリングに当てねばならず実は結構難しいんです。

お二人は慎重に、丁寧に加工されたのでとてもきれいな槌目模様を施すことができました。

 

1703_5


途中でそれぞれの出来栄えCHECK!eye

共にこのまま出来上がりにしてもいいくらいの完成度でした。
でも、このままではバリや角が出たままで着け心地が良くないので、ここから形を整え仕上げていきましょう。

 

1703_4


ご主人のヤスリがけです。

ヤスリはきれいにかけないと見た目も崩れてしまうので、一生懸命頑張っていただきました。
力もある程度必要になるため、きっと後半は手や指もだいぶ疲れたのではないかと思いますが、お二人とも一生着ける指輪に想いを込めて頑張りました。

 

1703_2


見事な槌目模様にお二人の気持ちと、鍛造作業の思い出を込めて出来上がりました。

 

槌目デザインは経年使用による変化(キズやくすみ・ツヤ無し等)が目立ちにくい、つまり出来上がり時と見た目の変化が少ないというメリットがあります。

 

いつまでも変わらないリングが、お二人の変わらない気持ちと末永い幸せの象徴となりますように。

 

ご注文有難うございました。

 

 

結婚指輪/マリッジリングを見る

手作りリングコースを見る

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪お知らせ≫
◆ゼクシィ(首都圏版2016年12月号)掲載
◆パパ・ママ応援ショップ優待カード協賛
◆プレミアムフライデー協賛
http://www.jewelrymunakata.jp/campaign.html

 

ュエリームナカタホームページを見る

 

|

« 【1722】婚約指輪をペンダントにリフォーム | トップページ | リング・クリーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1722】婚約指輪をペンダントにリフォーム | トップページ | リング・クリーニング »