« 切ったリングを元通りに/修理 | トップページ | 月甲丸リングアレンジ集 »

【1725】月甲丸リング/婚約指輪

今日はエンゲージリング(婚約指輪)をご紹介します。

皆さんは婚約指輪と聞くと

1511_1


このようなデザインをイメージされる方が多いのではないでしょうか。
(因みにこのように1粒ダイヤのデザインを『ソリティア』タイプといいます)

 

しかし、婚約指輪のデザインに決まりはありません。
贈られる方の、またはお二人の希望でデザインも決めてOK!

今日は、そんな他にはない思い入れとデザインで作られたリングをご紹介しましょう。

 

1702_1


18金、手作りコースで作られた月甲丸(つきこうまる)の婚約指輪です。

 

月甲丸とは、

1702_4


上から下へ幅に強弱をつけた甲丸(かまぼこ型)リングをいいます。
月の形をした甲丸、で月甲丸とも言われます。

ぷっくりしたイメージと、下へ向かって絞ったデザインなので思ったほど重厚感無く、スタイリッシュながらも温かみのある感じに仕上がります。

上面は場面がありますから石や彫り模様を施しアレンジを加えることで、よりオリジナリティやおしゃれ感を出すこともできます。

この度は、デザインは最大限シンプルに、寸法を女性のお好みで作られました。

 

1702_2


表面はつや消しで仕上げて。

18金のツヤ消しはゴールドの華やかさに、大人の落ち着きと上品さを与えてくれます。

 

1702_3


手作りエンゲージでは、ソリティアタイプでは少しこちらのお手伝いが必要になりますが、月甲丸なら作ったそのままで完成させることができます。

 

シンプルな見た目の中に、お二人だけの気持ちと温もりをたくさん詰めて完成しました。

 

ご注文有難うございました。

 

~~~ご相談ください~~~ 

婚約指輪/エンゲージジリング

手作りリングコース

 

|

« 切ったリングを元通りに/修理 | トップページ | 月甲丸リングアレンジ集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 切ったリングを元通りに/修理 | トップページ | 月甲丸リングアレンジ集 »